シェアサービスが成り立つ為の4つの原則とは。

久しぶりの投稿です。

今回はモノシェアなどのシェアサービスが、サービスとして成り立つための4つの原則についてご紹介しますね。

  1. クリティカル・マス
    そのサービスを利用する人が、ある一定数以上いることを言います。まぁ多ければ多いほど良いのですが、スタートアップしたばかりのサービスは、何千、何万というユーザー数を獲得しているわけではありませんので、まず目標にするボリュームをKGIとして設定、それに向かう段階でKPIを設けていきます。
  2. 余剰キャパシティ
    シェアするモノやスペース、時間が無いと、そもそもシェアもできません。
    現代のモノ余り社会、ハイパーな消費社会では、十分に存在しているといえますね。
  3. 共有資源の尊重
    みんなで使うものは、みんなで大事にしましょう、ということです。
    コンビニのトイレの貼り紙にある「今日もキレイに使っていただき、ありがとうございます。」ということ。
  4. 他者への信頼
    シェアサービスは、他人のモノや時間、空間、労働力などを利用するサービスです。
    提供する側、利用する側の双方が、疑心暗鬼になっていては、そもそもが成立しないサービスといえます。
    ですので「性善説」がシェアサービスの前提といえるでしょう。

次回は、それぞれの原則を、モノシェアのケースでみてみたいと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です